今持っているカメラでできる!ボケ感たっぷり写真の撮り方

新たにレンズを購入したり、道具を追加で購入せずに、ボケ感のある写真が撮りたい!というカメラ初心者さん必見!
今持っているカメラで簡単にできちゃう、ボケ感たっぷり写真の撮り方を2つご紹介します。

カメラのモードを『A』『Av』にし、F値を最小にする

カメラのモードを、『Auto(オート)』=自動に設定している方は多いと思います。
Autoでの撮影は、初心者の方でも難しい設定や調整の必要がなく、気軽に使用でき失敗が少ないのでおすすめです。

しかし、もしもボケ感のある写真を撮りたい場合は、『A』もしくは『Av』=絞り優先モードに設定してみるといいでしょう。
機種によって操作方法は違いますが、絞り優先モードだと、ピントを被写体に絞る「絞り」を自由に設定することができます。
絞りは、「F値」の操作で設定可能です。
F値の限界はレンズによって異なりますが、小さくすることでボケ感が強くなります。できるだけ最小に設定しましょう。
一般的に、このF値を2.0以下に設定できるレンズは、単焦点などのボケ感の強い写真が撮れるレンズで、「明るいレンズ」と言われます。
もしも次のステップに進みたい方は、単焦点レンズを購入してみてもいいかもしれません。

背景に奥行きを持たせる

部屋の中で撮影したりすると、どうしてもボケ感の少ない写真になってしまいますよね。
これは、対象となる被写体と、ぼかしたい背景の距離が近いために起こってしまう現象です。

ボケ感の強い写真を撮るためには、奥行きが必須。
例えば、クマのぬいぐるみをテーブルに置き、真上から撮影すると、どうしてもボケ感の少ない写真になってしまいます。
これは、背景となる部分が、被写体を置いているテーブルになるからです。

こういった場合、奥行きのある場所で、クマのぬいぐるみは手前に立たせて撮影してみましょう。
すると、手前のクマに焦点が合い、奥の背景はぼんやりとボケ感たっぷりの写真に仕上がります。

この手法は一眼レフカメラだけでなく、ミラーレス一眼やコンパクトデジタルカメラ、また、iPhoneや各種スマートホンでも有効なので、ぜひ一度試してみてください!
奥行きはあればあるほどボケ感が強まりますので、ぜひ奥行きのある背景を探してみましょう。

ボケ感たっぷり写真を楽しもう!

どうせカメラをするなら、ボケ感のある素敵な写真を撮影したいですよね。
レンズを買ったり機材を揃えなくても、おしゃれなボケ感の写真を撮影するには、ちょっとした工夫だけで十分!
誰でもどの機種でも、簡単にボケ感写真が撮れるので、ぜひ試してみてください。

 

 

筒井響子
ライター/フォトグラファーの筒井響子(つつい きょうこ)です! 企業オウンドメディア・カメラ関係・旅メディア・旅本などに寄稿しています。 デジタル一眼レフは約10年ほど前から趣味で始め、現在では取材での撮影や、撮影会を行うほどになりました。 現在の愛用機は、CanonEOS60D! カメラ初心者さんや機械が苦手な女子のみなさんにもわかりやすい記事を発信していきます♡