『光画』と新興写真 モダニズムの日本

出典:東京都写真美術館

 

この展覧会は、1930年前後に日本の写真史において盛んとなっていた「新興写真」に注目した展覧会です。
『光画』と『フォトタイムス』、この二つの雑誌に掲載された写真を中心に、新興写真に影響を与えた海外写真家の作品とその後の写真表現を展観しています。
日本では戦後の主流となったリアリズム写真表現と相反する部分も多かったために注目される機会が限られていましたが、さまざまな実験や工夫があり、その後の広告表現やリアリズム写真に影響を与えています。
どうぞ幅広い、豊かな写真表現をご堪能下さい。

 

会期:2018年3月6日(火)~5月6日(日)
会場:東京都写真美術館 3F
住所:東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内
時間:10:00〜18:00 入館は30分前迄
休館日:毎週月曜日 月曜が祝日の場合は、翌平日が休館
入場料:一般700円/学生600円/中高生・65歳以上 500円
小学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
問合せ:03-3280-0099
URL:https://topmuseum.jp/

 

ラパンカメラマガジン編集部
カメラ女子のライフスタイルを応援するメディアLapin Camera/ラパンカメラ マガジン編集部です。初心者必見の上達テクやおすすめアイテム、展示会情報などを掲載していきます。ちょくちょく遊びに来てね!